絶対に失敗したくないエイジングのためのスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平均的には28歳を過ぎた頃からハリに関するコラーゲンや保湿に関するヒアルロン酸が減少していくため、28歳頃からアンチエイジングを意識したスキンケアを始めていくようにしましょう。

もちろん、体質や環境により個人差があるので化粧ノリに変化が感じられたり、縦方向に毛穴が広がったり口角が下方向に下がった時には、年齢に関わらず早めに開始する事も大切です。

アンチエイジングのために行うスキンケアで重要なのが保湿ですが、その理由は年齢により肌の内部に存在している水分やセラミドが自然に減少するためです。

 

健康的な角質の場合は20%から30%の水分を保持しているものの、年齢を重ねていくと角質が保持している水分が乾きやすくなるので、表皮の保護機能が損なわれます。

その結果、刺激が直接的に表皮に加わってしまう様子になるので肌トラブルが生じやすくなりますし、潤いが失われた事によって内部からハリを出す事ができなくなりシワが生じます。

そこで、アンチエイジングのためにスキンケアを行うには角質がこれまでに比べて水分を保持する機能が低くなっている点を思慮し、化粧水を用いて水分補給をした後は蒸発を防ぐために乳液とクリームも合わせて塗布して蓋をするようにしましょう。

 

また、水分と共に補給すべきなのは次第に減少していくヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンも挙げられシミなどの色素沈着も合わせて解消していきたいのなら、ビタミンC誘導体も加えると透明感がある肌になります。

そして、エイジングケア美容液を使用する際には、用いるタイミングについても目を向け、最も高い効果を引き立たせるべく朝と夜の2回に分けて使用します。

朝の外出前には乳液とクリームは使用しない方が少なくないですが、明るい時間帯は外気や紫外線などにより1日の中で最も肌に刺激が加わりやすいタイミングなので、朝のスキンケア時にも乳液とクリームを用いる事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。